自閉症の原因は未だ明らかではないが、英国では、MMRワクチン(麻疹、風疹、流行性耳下腺炎の3種混合ワクチン)と自閉症の関係が疑われて以来、予防接種の接種率が低下した。英British Medical Journal誌2005年1月15日号のNews roundupでは、米国での自閉症の発症率はある時期以降、上昇しているが、その原因は診断基準の変更などにあるだろう、とした論文を紹介している。

ログインして全文を読む