旧正月(テト)を間近に控え、ベトナムで高病原性トリインフルエンザウイルス(H5N1)の感染者が続出している。世界保健機関(WHO)が1月14日、ベトナムで新たに2人がH5N1ウイルスに感染したという非公式な情報を入手したと発表した。WHOでは前日の1月13日にもベトナム健康省からの公式報告として、2004年12月以来4人目の患者のH5N1感染が確認されたことを発表したばかり。年末年始のわずか2週間ほどの間に、立て続けに6人のH5N1感染者が発生したことになる。

ログインして全文を読む