米国疾病対策センター(CDC)によると、米国で2002年に補助生殖医療を実施した回数は約11万5000回、その結果、誕生した子供は約4万6000人に上ることがわかった。これはCDCが1月7日に公表した補助生殖医療に関するレポート「2002 Assisted Reproductive Technology Success Rates」の中で明らかにされたもの。

ログインして全文を読む