9月9日から開催される「がん医療水準均てん化推進に関する検討会」では、がん診療の治療成績格差、がん病院ネットワークの形成、がん専門医の育成と交流など、6つの主要検討事項が設定されている。こうした論点について、がん登録関係者、がん診療現場、病院長など、がん診療体制にかかわる様々な立場の関係者8人に意見を聞いた。

ログインして全文を読む