明日から開催される「がん医療水準均てん化推進に関する検討会」を前に、がんの診療に関して臨床と情報発信をリードする立場にある国立がんセンターの総長の立場から、垣添忠生氏(写真)に現在のがん診療を取り巻く諸課題について、語ってもらった。

ログインして全文を読む