本日から、本コラム「がんの検討会を読み解く」を連載する。このほど、坂口力・厚生労働大臣が直轄の大臣懇談会として「がん医療水準均てん化推進に関する検討会」を設置、大臣自らのリーダーシップで、がん治療成績格差の解消に乗り出すことになった。本コラムでは、この検討会を詳細にレポートしつつ、がん治療の「均てん化」(全国どこでも質の高いがん治療を受けられるようにすること)に関して、ベストな対策と道筋を考えていきたい。

ログインして全文を読む