J-LIT研究会は、J-LIT研究の登録患者5万2421人のデータに基づき、「冠動脈疾患(CHD)の既往」や「高血圧」「糖尿病」「喫煙習慣」などの危険因子を層別化した「J-LITチャート」を作成。6月8日のポスターセッションで発表した。

ログインして全文を読む