急性心不全(HF)患者の血清カリウム値と死亡リスクの関連が観察研究で検討された。長期にわたってカリウム値の変化をモニタリングしたところ、カリウム値と死亡リスクとの間にはU字型の非線形の関係が認められ、高カリウム値、低カリウム値はともに死亡リスクの上昇と関連することが示された。この結果は、Circulation誌3月27日号に掲載された。

心不全でカリウム値と死亡リスクにU字型の関係の画像

ログインして全文を読む