Eur Heart J誌2月1日号に掲載された論文です。2型糖尿病患者を対象に、SGLT2阻害薬エンパグリフロジンの心不全リスクへの影響を検討したところ、ベースラインでの心不全の有無や心不全リスクの高低に関わらず、エンパグリフロジンは一貫して心不全アウトカムを改善したことが報告されました。

エンパグリフロジン、心不全アウトカム改善に効果の画像

ログインして全文を読む