ステントグラフト内挿術(EVAR)直後の術者は、リンパ球上のDNA損傷/修復マーカーおよびDNA損傷反応マーカーが有意に上昇していることが確認された。外科的血行再建術の術者にDNA損傷は確認されなかった――。EVARの術者において放射線によるDNA損傷を評価した初の研究結果が、Circulation誌の2017年10月17日号に掲載された。

EVAR直後の術者、リンパ球にDNA損傷ありの画像

ログインして全文を読む