PCSK9阻害薬は、さらなる脂質低下を要する高リスク集団用新規薬剤クラスに分類される。保険適用の承認率および承認を決定する因子を特定するため、米ペンシルベニア大学の研究者らが信頼性の高いデータセットを用いて調査したところ、最大の決定因子は保険者のタイプだった。どのLDL-コレステロール(LDL-C)値区分でも半数超の患者で承認申請が却下されていた。この結果は、Circulation誌12月5日号に掲載された。

PCSK9阻害薬の保険適用承認を決定する因子はの画像

ログインして全文を読む