ウェアラブル型心電計(Kardia、AliveCor社)による無症候性心房細動(AF)の検出率は通常治療より約4倍であり、患者の許容度や満足度が高く、1QALY獲得当たりのICER(増分費用効果費)も安価であることが、英国のプロスペクティブランダム化試験により示された。その詳細がCirculation誌11月7日号に掲載された。

ウェアラブル型心電計は無症候性AF検出に有用の画像

ログインして全文を読む