スペインBarcelona大学病院Oscar Miro氏らは、同国の救急部門(ED)を受診した急性心不全(AHF)患者のデータを用いたコホート研究から、30日死亡リスクを予測するMEESSI-AHF(Multiple Estimation of risk based on the Emergency department Spanish Score in patients with AHF)モデルを構築したことを報告した。詳細はAnn Intern Med誌2017年10月3日号に掲載された。

急性心不全患者の死亡率予測モデルの提案の画像

ログインして全文を読む