伏見心房細動患者登録研究(伏見AFレジストリ)の解析により、日本人のAF患者では、女性であることが血栓塞栓症のリスク上昇と関連していなかったが、頭蓋内出血と総死亡のリスク低下と関連していることが示された。この結果はCirculation Journal誌9月25日号に掲載された。

「女性」は血栓塞栓症リスクの上昇と関連せずの画像

ログインして全文を読む