心房細動(AF)と認知機能について検討したところ、AFを発症すると認知機能が急速に低下し、認知症を発症するリスクが増大することが示された。英国で現在進行中のコホート研究の解析から明らかになったもので、結果はEur Heart J誌9月7日号に掲載された。

心房細動は急速な認知機能低下のリスク因子の画像

ログインして全文を読む