オランダErasmus大学医療センターのJos Runhaar氏らは、変形性股関節症または膝関節症患者に対する経口グルコサミン投与とプラセボを比較した、ランダム化対照試験(RCT)を抽出して系統的レビューとIPD(Individual patient data)メタアナリシスを行い、疼痛の重症度、BMI、性別、構造的な異常、炎症の有無で分けて比較したが、どのサブグループもグルコサミンによる改善は見られなかったと報告した。詳細はAnn Rhem Dis誌電子版に2017年7月28日に掲載された。

経口グルコサミンは変形性関節症に効かないの画像

ログインして全文を読む