急性非代償性心不全(ADHF)があり、身体機能低下がみられる高齢患者を対象に、入院時から退院12週間後まで継続的に新しい理学的リハビリテーションを行うREHAB-HFパイロット研究で、身体機能が改善し再入院率が減少する可能性が示唆された。結果はJ Am Coll Cardiol HF誌5月号で報告された。

急性非代償性心不全の高齢者にリハビリが有効かの画像

ログインして全文を読む