オーストラリアMelbourne大学のKim L. Bennell氏らは、インターネットを通じて、自宅で行うエクササイズを指導し、痛み対処スキルトレーニング(PCST)を3カ月間行うと、慢性膝痛の痛みと身体機能への影響が有意に軽減すると報告した。結果はAnn Intern Med誌2017年2月21日号に掲載された。

インターネット経由の疼痛軽減指導が有効の画像

ログインして全文を読む