急性冠症候群(ACS)後の状態が安定した患者では、スタチン療法へのエゼチミブの追加によって再発性心血管イベントが減少することが示されている。この追加療法で最大の利益が得られる患者は、再発性心血管イベントを予測するTIMIリスクスコアを用いた層別化によって同定できることが報告された。結果は、J Am Coll Cardiol誌2月28日号に掲載された。

スタチンへのエゼチミブ追加で利益が得られる高リスク患者の画像

ログインして全文を読む