経カテーテル大動脈弁置換術(TAVR)中の経カテーテル脳塞栓予防(TCEP)の安全性と有効性を検証する無作為化試験が米国とドイツで行われた。試験の結果、TCEPは安全で、患者の99%で塞栓デブリが捕捉され、神経認知機能には変化が見られないことが示された。この結果はJ Am Coll Cardiol誌1月31日号に掲載された。

TAVR中の経カテーテル脳塞栓予防は安全に実施可能の画像

ログインして全文を読む