アジア人の非弁膜症性心房細動(NVAF)患者において、リバーロキサバンとダビガトランは、虚血性脳卒中と全身性塞栓症、頭蓋内出血(ICH)、総死亡のリスクをワルファリンよりも軽減することが確認された。急性心筋梗塞(AMI)および消化管出血による入院については差がなかった。論文は、J Am Coll Cardiol誌オンライン版で9月27日に発表された。

アジア人におけるNOACの効果はワルファリンに勝るの画像

ログインして全文を読む