術前のフレイル(Frailty)は心臓手術を受ける高齢患者の転帰に関連する。米Harvard大学医学部のDae Hyun Kim氏らは、さまざまなフレイル評価指標について、術後6カ月以降の転帰を予測する能力を調べた研究を対象に系統的レビューを行い、一部の指標は予測因子として有用であることを発見したと報告した。詳細はAnn Intern Med誌電子版に2016年8月23日に掲載された。

フレイルは高齢者の心臓手術予後に関連するの画像

ログインして全文を読む