バイオシミラーに対する関心と期待が集まる一方で、オリジナルとの同等性に関する不安は残っている。米Johns Hopkins Bloomberg School of Public HealthのFrancine Chingcuanco氏らは、系統的レビューを行って、腫瘍壊死因子α(TNFα)阻害薬のバイオシミラーとオリジナルの生物学的同等性に関するエビデンスについて検討し、ほとんどの研究が同等性を支持していたと報告した。結果は、Ann Intern Med誌電子版に2016年8月2日に掲載された。

ログインして全文を読む