医学的、経済的に大きな負担をもたらす高血圧の有病率、自己認識率、治療率およびコントロール率について2000〜2010年の間に全世界で生じた経年変化を調査したところ、経済発達のレベルによって有意な格差があり、拡大しつつあることが米国の研究者らによって報告された。この結果はCirculation誌8月9日号に掲載された。

高血圧の蔓延に国家間格差が拡大中の画像

ログインして全文を読む