高用量のオメガ3脂肪酸を、急性心筋梗塞の発症後に標準治療に加えて6カ月間投与したところ、左室収縮末期容積指数(LVESVI)や非梗塞性心筋線維化が減少した。これはOMEGA-REMODEL(Omega-3 Acid Ethyl Esters on Left Ventricular Remodeling After Acute Myocardial Infarction)試験の結果であり、Circulation誌8月2日号に掲載された。

高用量のオメガ3脂肪酸が心筋梗塞後の左室リモデリングに有益の画像

ログインして全文を読む