スウェーデン北部の2県に住む25〜74歳の一般市民を対象とした調査研究(The Northern Sweden MONICA Study)の結果、1994年から2014年の間に総コレステロール値が0.7mmol/L低下し、男女とも全ての年齢層で改善が認められた。特に低下が顕著だったのは、虚血性心疾患リスクの高い集団だった。この結果は、Eur Heart J誌7月1日号に掲載された。

20年間でCVD高リスク集団の脂質が著しく低下の画像

ログインして全文を読む