家族性高コレステロール血症(FH)ヘテロ接合体の表現型はLDL-C値の190mg/dL以上というシンプルな基準で特定できること、ならびに長期的に動脈硬化性心血管疾患(ASCVD)リスクを有意に増大させることが、初めとなるプロスペクティブ研究により示された。米国の研究者らがCirculation誌7月5日号で報告した今回の結果は、公衆衛生に大きな影響を及ぼす可能性がある。

FHにより動脈硬化性CVD長期リスクは有意増大の画像

ログインして全文を読む