アドバンス・ケア・プランニング(ACP)を支援する映像を視聴した末期心不全患者は、視聴しなかった患者と比べ、緩和治療を選択する割合が高いことが示された。結果はCirculation誌7月5日号に掲載された。

アドバンス・ケア・プランニングを促す映像が緩和治療選択に有効の画像

ログインして全文を読む