モバイル端末によるインターネット利用と歩数計を用いた生活習慣の介入プログラムであるStepathlonが64カ国で約7万人を対象に実施された。身体活動、座位時間、体重に及ぼす効果を検討したところ、いずれにおいても改善が認められ、大規模なモバイルヘルス介入の実行可能性と効果が示された。この結果は、J Am Coll Cardiol誌5月31日号に掲載された。

モバイルヘルス介入により運動不足が解消、体重も減少の画像

ログインして全文を読む