心房細動(AF)患者の脳卒中リスク予測に、新規スコアリングシステムであるABC(age、biomarkers、clinical history)スコアが提案された。ABCスコアでは、既往歴に加えて高感度心筋トロポニンおよびヒト脳性ナトリウム利尿ペプチド前駆体N端フラグメント(NT-proBNP)を用いて予後予測を行うもので、その予測性能を示すc-indexはCHA2DS2-VAScスコアよりも高いことが確認された。論文はEur Heart J誌5月21日号に掲載された。

心房細動の予後予測に新たなスコアが登場の画像

ログインして全文を読む