慢性心不全(CHF)患者は腸内で病原性細菌が過剰増殖しており、腸管透過性(IP)が亢進していた。結果はJ Am Coll Cardiol HF誌3月1日号に掲載された。

慢性心不全患者では腸内病原性細菌が過剰増殖の画像

ログインして全文を読む