エリスロポエチン系薬(ESA)を用いた慢性腎疾患に伴う腎性貧血の治療で、ヘモグロビンの目標値を高く設定しても、患者のQOLはそれ以上改善しないという研究が報告された。これはカナダManitoba大学のDavid Collister氏らが系統的レビューとメタアナリシスを行ったもの。詳細は、Ann Intern Med誌2016年2月16日号に掲載された。

腎性貧血のHb値が高くてもQOLは向上しないの画像

ログインして全文を読む