心房細動(AF)と糖尿病(DM)を合併した患者において、HbA1cは脳卒中リスクと有意に関連しないという研究結果が発表された。同時に、糖尿病の罹病期間と脳卒中の発症は相関することが確認された。論文は、J Am Coll Cardiol誌1月26日号に掲載された。

AF+DM患者の脳卒中リスクにHbA1cは無関係かの画像

ログインして全文を読む