放射線誘発性乳癌の発生率と死亡率を考慮に入れた上で、デジタルマンモグラフィーによる乳癌スクリーニングの最適化を目指すシミュレーションモデル研究が報告された。これは米California大学Davis校のDiana L. Miglioretti氏らが行ったもので、スクリーニング開始年齢や、スクリーニング間隔、被曝線量の増加条件などを変更した場合のメリットとデメリットを推定している。詳細はAnn Intern Med誌電子版に2016年1月12日に掲載された。

マンモグラフィー誘発性乳癌のリスクを推定の画像

ログインして全文を読む