登場時点では毎日1-2回の皮下注射が必要だったグルカゴン様ペプチド-1(GLP-1)受容体作動薬だが、その後週1回注射型の製品が次々と登場した。英Leicester大学糖尿病研究センターのFrancesco Zaccardi氏らは、個々の週1回製剤の有効性と安全性を比較するために系統的レビューとネットワークメタアナリシスを行って、Ann Intern Med誌電子版に2015年12月8日に報告した。

ログインして全文を読む