無症状のヘテロ家族性高コレステロール血症(FH)患者と非FH対照患者との間で大動脈弁石灰化(AoVC)を比較する研究がオランダで行われた。その結果、非FH患者よりもヘテロFH患者でAoVCの出現率が高いことが分かった。論文は、J Am Coll Cardiol誌上で2015年12月22日に発表された。

FH患者の大動脈弁石灰化、ヘテロでも多発の画像

ログインして全文を読む