非弁膜症性心房細動(AF)の脳卒中予防において、左心耳閉鎖術(LAAC)、ワルファリン以外の経口抗凝固薬(NOAC)、ワルファリンの3つの治療法の費用対効果分析が行われた。その結果、LAACは他の2つの治療法よりも費用対効果が高かった。この結果はJ Am Coll Cardiol誌2015年12月22日号に掲載された。

非弁膜症性AFの脳卒中予防、左心耳閉鎖術の費用対効果が最も高いの画像

ログインして全文を読む