心房細動(AF)患者を対象とした臨床での簡便な出血リスク評価法として、予測因子5項目(0〜7点)からなるORBITスコアを開発し、既存の出血スコアであるHAS-BLEDやATRIAと比較したところ、ORBITは他の出血スコアよりも大出血の予測能に優れていた。この結果は、Eur Heart J誌12月7日号に掲載された。

ORBITスコアは臨床での大出血リスク評価に有用の画像

ログインして全文を読む