コーヒー摂取量と死亡リスクの関係については、適量ならば死亡リスクが低下するが、多量の場合は死亡リスクを上昇させるという報告もあり、その関係性が非線形かどうかについて疑問が残っていた。3つの大規模なコホート(NHS、NHS II、HPFS)のデータを用いて解析した結果、コーヒーの摂取量が1日1〜5杯の群で総死亡のリスクが低下することが示された。この結果は11月26日、Circulation誌のオンライン版に掲載された。

コーヒーを1日1〜5杯飲む人は総死亡リスクが低下の画像

ログインして全文を読む