臨床的な意志決定に影響を与える正確な体温の決定には、末梢で測定する体温計を用いるべきではないという研究が報告された。外来や一般家庭で用いられる機会の多い、鼓膜、腋窩、口腔内などの体温測定は、深部体温を正確に反映しないというものだ。これは、カナダCalgary大学のDaniel J. Niven氏らが、成人と小児の深部体温の推定における末梢体温計の精度を明らかにするため、系統的レビューとメタアナリシスを実施して得られた結論で、Ann Intern Med誌2015年11月17日号に報告された。

ログインして全文を読む