BMIは標準体重でも中心性肥満があると、総死亡率と心血管疾患死亡率がどちらも高くなることを示唆するデータが発表された。米Mayo ClinicのKarine R. Sahakyan氏らが、中心性肥満の指標であるウエストヒップ比(WHR)とBMIを組み合わせて死亡リスクとの関係を調べたところ、BMIが標準体重でも中心性肥満と判定された集団では、BMIでは肥満と判定された集団よりも死亡リスクが高かった。詳細は、Ann Intern Med誌電子版に2015年11月10日に報告された。

ログインして全文を読む