拡張型心筋症(DCM)を対象に心筋症の新分類であるMOGESの評価を行ったところ、この新分類は実際に適用可能であり、遺伝子変異と環境要因の両方を有することが予後と関連することも分かった。結果は、J Am Coll Cardiol誌9月22日号に掲載された。

拡張型心筋症の予後予測にMOGES分類が有用の画像

ログインして全文を読む