米国南部に特徴的な食事パターンにより、急性冠動脈疾患(CHD)のリスクが高まることが明らかとなった。結果はCirculation誌9月1日号に掲載された。

急性冠動脈疾患のリスク高める食事パターンとはの画像

ログインして全文を読む