心房細動(AF)については既に多くの知見が積み上げられており、疫学および危険因子の解析から、AFと心血管イベントとの関連は広く知られている。しかし、高血圧や心筋梗塞、心不全などに対する治療法は近年目覚しく進歩した。また、人口構成は高齢化し、我々の生活様式も変化している。遠い昔に行われた研究に基づいたAF関連の知見は今も真実だろうか?

AF発症の危険因子、新たに肥満が浮上の画像

ログインして全文を読む