冠動脈疾患(CAD)のため経皮的冠動脈インターベンション(PCI)を実施した日本人患者でスタチンとエゼチミブを併用したところ、スタチン単剤療法より大きな冠動脈プラーク退縮効果が見られた。結果はJ Am Coll Cardiol誌8月4日号に掲載された。

スタチンにエゼチミブ追加でプラーク退縮効果が上昇の画像

ログインして全文を読む