院外心停止(OHCA)後の低体温療法において外部冷却と血管内冷却を無作為化試験で比較したところ、良好な神経学的転帰において血管内冷却は外部冷却よりも有意に優れないことが示された。この結果は、Circulation誌7月21日号に掲載された。

低体温療法の血管内冷却と外部冷却に有意な差を認めずの画像

ログインして全文を読む