スタチン療法の心不全(HF)イベントに対する効果について、スタチンに関する主要な無作為化試験を対象とし、未発表データも含めてメタ解析を行ったところ、スタチンにより非致死性HFによる入院リスク、非致死性HFによる入院とHFによる死亡の複合リスクがやや低下することが明らかとなった。この結果は、Eur Heart J誌6月21日号に掲載された。

スタチンにより心不全入院と死亡リスクが低下の画像

ログインして全文を読む