心筋梗塞(MI)で入院し生存退院した患者を対象に、その後の治療や再発状況を調べたところ、退院後1年間の複合イベント(MI+脳卒中+心血管死)発生リスクは約18%であり、1年以降のリスクも低下しないことが分かった。この結果は、Eur Heart J誌5月14日号に掲載された。

MI患者の再発リスクは発症から1年以降も低下しないの画像

ログインして全文を読む