心血管疾患のリスク評価ツールとして、フラミンガムリスクスコア(FRS)など欧米で広く用いられている5つのスコアのうち4つが、心血管疾患の10年リスクを過大に見積もることが分かった。米国の多民族コホート研究MESA(the Multi-Ethnic Study of Atherosclerosis)の登録者解析による。

ログインして全文を読む