心房細動(AF)患者の脳卒中リスク評価にはCHA2DS2-VAScスコアが広く用いられている。しかし、スコアが1点以下の比較的低リスクである患者に対する抗凝固療法の適応は、ガイドラインにより異なっており明確な基準がない。

低リスクAF患者に対するOACの有用性を再確認の画像

ログインして全文を読む